Webデザイン

職業訓練のWebデザインってどう?体験談と感想を発信していきます

女子
女子
職業訓練のWebデザインに興味があるんだけどどんな感じなのかな?

 

shu-chang
shu-chang

11月から職業訓練に通っています。職業訓練のWebデザインが人気な理由、授業内容、雰囲気、就職状況等について解説するよ。

 

この記事では職業訓練のWebデザインに通っている管理人が(主に講師から聞いた情報を元に←おい)職業訓練のWebデザインの概要について解説する記事です。

ちなみにここでいうWebデザインとはざっくり言うとホームページ等のサイトの制作技術のことを言います。

プログラミング言語で言うとHTML、CSS、Java Script、JQuery辺りです。

?という方は分からなくても特に問題ないです。

僕もまだほとんど分かっていないので笑

この記事を読んで、Webデザインに興味のある方が職業訓練のイメージをつかめればなと思います。

Webデザインが人気な理由

まず最初にこちらをご覧下さい。

出典:知らないと損をする職業訓練【2019年版】一番人気のある職業訓練コースはこれだ

そうなんです。受講する都道府県にもよると思いますが、職業訓練のWebデザインは職業訓練の志望コースの1位に入っているのです。(Web制作にはWebデザイン以外も含まれます。)

最高倍率11.4倍は(実施場所によるのでしょうか)下手な大学や、就職人気ランキング上位の会社よりも倍率が高いのではないでしょうか…。

でもなぜ、ここまで人気があるのでしょうか?

管理人が考える理由は以下の3点です。

【理由①】フリーランスとして稼ぐにはコスパが良い

職業訓練に通うのにフリーランスになるんかい!とつっこまれそうですが最悪フリーランスになったとしても活かせるスキルの基礎を学べるというのは大きいのではないでしょうか。

有名なブロガーのマナブさんも以下のようなつぶやきをされています。

営業力なども必要になるので誰でも上記のレベルに達することができるとは言いませんが、その基本を学べます。しかも無料で!

Webライティングあたりの方がとっつきやすそうですが、単価と実現性を考えると、この中ではWebデザインが意外と良さそうじゃないですか?

【理由②】ブログに活かせる

これを考えるのは僕だけでしょうか?笑

サイトを作成する技術はブログに活かせますし、通って学んだ情報もブログのネタになります。

他のウェブ関連の勉強と合わせれば優秀な人なら相乗効果で通学中に別の収入源を生み出せるのでは?(優秀な人なら…。)

↓優秀なブロガーの方もこうつぶやいておられます。

【理由③】デザイン→面白そうというイメージ

少なからず、これもあると思います。

実際、小さい頃にイラストや物を作ることが好きだった僕は職業訓練の授業が結構楽しいです!

女性でもイラストや色彩等に興味のある女性が多い気がします。

デザインて稼げそうなイメージがないので、職業として諦める場合が多いかと思いますが、意外とWebデザインなら稼げるのでは?という変な期待もあります。

どんな授業内容?

僕が受講する職業訓練の期間は6ヶ月です。

授業内容は細々ありますが、大所でざっくり言うと「HTML」、「CSS」、「Illustrator」、「Photoshop」がメイン。

それに加えて「Java Script」と「JQuery」の触りと行った感じです。

目的がサイト作成技術の習得なので、それに必要なプログラミング言語とイラスト、写真の加工方法を学ぶ感じです。

  • HTML→ホームページ上の文章を表示させたり、リンクの設定を担う言語
  • CSS→ホームページのデザイン(画像や写真)の設定を担う言語
  • Illustrator→イラストの書くオフィスソスト
  • Photoshop→写真を取り込んで加工するオフィスソフト
  • Java Script→サイトに動的な機能を与える言語(例えば画像をスライドさせる等)
  • jQuery→Java Scriptで作られた様々な機能を格納したライブラリのようなもの

これらを学び、最終的には卒業制作として1つホームページを作成します。

そして最後の1ヶ月は実際に企業に通って企業実習をして修了となります。

受講生はどんな人がいるの?

まず男女比ですが意外と女性が多く、男:女=2:3でした。

年齢も23歳〜50歳ぐらいと幅広い感じです。

経歴も様々

  • 大学卒業して就職活動に失敗してしばらくニートをしていた人
  • 再就職を目指す主婦
  • 恐らくリストラに合ったであろう(?)年配の男性
  • 一般企業で別の仕事をしていた人
  • 菓子職人をしていた人
  • 服のショップスタッフをしていた人
  • 別分野のSEをしていた人

等、様々な人がいました。

勝手な想像ですが、副業をする時間をとるためや、失業手当をもらうために来ている人も若干数いそうな感じです。(自己都合退職の場合だと、失業手当をもらうのに待機期間という失業手当がもらえない期間が数ヶ月ある場合があるのですが、職業訓練を受けると、その期間が大幅に短縮されます。)

就職先や就職率は?

僕の通っている職業訓練の過去実績では約30名の受講者がいて、就職が決まった人の割合は以下のような実績でした。

  • 2割→Web制作会社でWebデザイナー
  • 6割→簡単なWeb管理+その他の職種(事務職や営業等)
  • 2割→全くの別業種への就職

純粋なWebデザイナーとして就職できたのは2割(5人ぐらい?)という数字でした。

これを多いと見るか少ないと見るかは考え方次第ですが、初心者が0からWebデザインを学んでWebデザイナーとして就職するのはかなり厳しいと言えるのではないでしょうか。

次に6割が事務職などの職種がメインでWeb管理の一部分(ネットショップや会社HPの簡単な管理)を担う職種やWebデザインの知識を活かせる職種(Webディレクター等)に就職するとのことでした。

全くの別業種へ就職した方も2割ほどいます。

また、優秀でも30歳以上になるとWeb制作会社への就職はなかなか難しいようです。

まとめ 〜自分がどうなるのか発信していきます〜

ここまで読んで頂きありがとうございました。

人によっては何だ、マナブさんの信者かとか、そんな簡単じゃないとか、職業訓練に通うのに目的が不健全だ!等と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

正直、自分がこの職業訓練を終えた後にどのような道に進みたいのかということも結論が出ていません。

しかし、最終目標は組織に属さないで一人でWebで稼ぐ!なのでそれの取っ掛かりになればなと思います。

今後は職業訓練で学んだことでブログに活かせることがあればそれも記事にしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください